Return to site

マッチョ×スイーツ=可能性

· コラム,ギガトレンド,マーケティング,インフルエンサー,マッチョ

こんにちは!

ギガトレンドの代表戸締まり係、和田です。

先日ギガトレンドでも公式Twitterを開始しました。

やっぱりゼロからスタートでフォロワーを増やしていくというのは非常に難しいですね。

弊社ではSNSを活用したバズマーケティングを運用しているのですが、実は今まで自社発信はしてきませんでした。

そこで! 弊社でお付き合いさせていただいているインフルエンサーさんたちはどのようにしてこんなにフォロワーを獲得しているのだろう。と、ちょっと実験的な意味合いも含めて、いろいろ試していこうかと思います

これが今のギガトレンドツイッター

「ギガトレンドの中の人」

ちなみに立ち上げが2月23日で、

3月5日時点でフォロー数195人、フォロワー数58人、ツイート数48です。

最近のツイッターはすごくて、ツイートアクティビティをけっこう詳しく確認することができちゃいます。

こんな感じです。

14日間で、1日平均595件のインプレッションを獲得してます!!

たった48ツイートなんですが、そのツイートは基本的に話題になっている記事やツイートにコメントをつけてつぶやいているので、エンゲージメントもちょっと高めです。

エンゲージメントとはツイートに対して行われたアクションのことですね!

いいね!やリツイートなどがどれだけされているかということです。

 

インプレッション、エンゲージメントに関してはこちらをチェックしてみてください。

https://ferret-plus.com/6780

 

インフルエンサーマーケティングに関してはこの「エンゲージメント」が重要になってくると思っています。

SNSが無かった時代は、CMやチラシなどの広告を見て、実際に消費者がどういう気持ちになったか、どういう行動に移るか、というのが不明確でした。

ですが、SNSの普及によって、消費者の行動がリアルタイムで確認できるようになりました。

これは逆にいえば、消費者の行動をある程度コントロールできる、ということにもなるのかな、と思います。

まだまだ奥が深いですねSNSは。

ツイッターに関してはまた報告していきますね!

 

さて、インフルエンサーマーケティングの話を続けますが、弊社で日々お世話になっているインフルエンサーさんがどのような考えをもって関わってくださっているのか、聞きたいなと思い、急遽ランチミーティングをしてきました!

 

そのインフルエンサーさんたちとは・・・・

「BUZZMACHO」のみなさん

階級別女子ボディビル日本一の久野さん、

初代メンズフィットネス日本一の清水さん、

2016メンズフィットネス日本一の高田さん、

ベストボディのモデル部門日本一の川嶋さん、

ボスとボディの女子モデル部門日本4位の川島さん

グアム親善ボディビル大会の笠松さん。

そして、重量上げ全日本マスターズ日本一の木下さん。

はい、そうです。

バズマッチョでご活躍いただいている、マッチョインフルエンサーの方々です。

この日は、特に各々様々な大会でタイトルを獲得されているチャンピオン級の方々が集まってくださいました。

そしてその開催場所は、みんな大好きデザートバイキングの人気店、SWEETSPARADISE(スイーツパラダイス)様にて行わせていただきました!

なんとスイパラさん、今年で創業15周年ということで、現在15周年記念祭で食べ放題が1000円(税抜き)です!!

めちゃくちゃお得すぎるううう!

(大学生の時よく行ってたな)・・・なんて考えながら大学時代以来のスイパラさんへマッチョの方々に囲まれて入店、という多分、人生で滅多にない経験をしました。

さて、みなさん。

「どうせマッチョの人って甘いの食べないんでしょ?」って思っていると思います。

そんなことはございません。

めっちゃ大好物でした。

普段ストイックに身体を鍛えている皆様。

甘いものなんて一切口にしないのだろうと思っていたのですが、やっぱり代謝が良すぎるので、糖分がものすごく欲しくなるようです。

さて、そんなマッチョなインフルエンサーさんたちに、いろいろと気になることを聞いてきました。

身体を鍛えようと思ったきっかけは何ですか??

基本的にはもともとみなさんスポーツや身体を鍛えることが好きな方々です。

体の健康のために鍛え始めたり、エアロビやフィットネスのインストラクターから本格的に鍛えていったらいつのまにか大会に出てたり、と、みなさんいつの間にかハマっていったみたいです。

マッチョになったら得することしかなかった

「マッチョになって得したことってありますか??」との質問に、みなさん口を揃えて、「得することしかない」と答えるのです。

確かに、身体を鍛えれば健康になることはもちろん、みなさん生活リズムや食生活までしっかり管理しているので、時間の使いかたが非常にうまい印象があります。

また、ストイックに目標を達成する力や、体が強いことから自分に自信がつくようです。

食べたい時に好きなものが食べられなくて、きついと思ったりすることはあるけど、それを我慢して我慢して食べた時の食事はものすごくおいしく感じることができるそうです。

SNSとマッチョの親和性は高い

マッチョインフルエンサーのみなさん、SNSを”魅せる場”としてとても上手に活用されてます。

使用しているのは、インスタグラムが一位、ついでfacebookでした。

twitterはあまりやっていないという方が多かったです。

インスタグラムの特性の、「写真で世界観を表現する」というのが一番マッチするようです。

こちらは、

アルプロン公式アンバサダー 、MMJ東北、関東グランプリ 、BBJ日本大会出場 などの輝かしい経歴を持つ めぐさん。

ボディラインが非常に美しく、自身の使用しているサプリや、トレーニング法の投稿が人気です。

しかもなんと、50歳!

2017年の流行語大賞に、「フォトジェニック」という言葉が入りましたが、まさにこの方々にあるのではないでしょうか。

自分のSNSのタイムラインにいきなり肉体美が流れてきたら、思わず見てしまいますよね。

そういったところから非常にエンゲージメントが高く、SNSとマッチョ(美ボディ)との親和性は高いと言えます。

2016年日本チャンプの高田さん&階級別女子ボディビル日本一位の久野さん

久野さんはただいまアジア大会に向け体を作っている最中でした。

マッチョへの需要が増加

2018年に入ってから、様々な企業様より、「マッチョの皆さんに拡散をお願いしたい」という声が非常に増えてまいりました。

例えば

・プロテインの新商品の告知

・トレーニングウェアの告知

・エナジードリンクの告知

・イベントへのアサイン

など、一般的なインフルエンサーマーケティングでご利用いただけるメニューに限らず、

・マッチョならでは商品開発

例えばケーキ×プロテインや、カフェ×プロテイン

など、様々なコラボができます。

あとは、基本的には「肉体美を魅せたい・魅せることのできる」人たちですので、脱ぐ仕事もお待ちしています(笑)

まとめ

今回一緒にスイーツを食べながら話してわかったことは、BUZZMACHOで協力いただいている皆さんが、ものすごく実業家であるということ。

ビジネスにおける視点もしっかり持ち合わせ、関わるキャンペーンに対し、様々な提案も積極的にしてくれます。

みなさんストイックに自分の肉体を鍛えつつ、マッチョ業界の発展を考えています。

現代の健康志向や、プロテインやサプリメントなどの商品の流通により、マッチョ業界は徐々に盛り上がりつつあります。

BUZZMACHOが、さらに盛り上げ、また企業様のプロモーションのお手伝いをしてまいります。

集まっていただいたマッチョのみなさん、会場でご協力いただいたスイーツパダライス様、ありがとうございました!

バズマッチョへのお問い合わせはコチラ↓

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly