Return to site

ハッピーバレンタイン

GIVE ME CHOCO

· コラム,ギガトレンド,RECRUIT,マーケティング,インフルエンサー

ハッピーバレンタイン!

こんにちは。

ギガトレンドのチョコレート受け付け係の和田です。

2月14日はバレンタインデーということで、世の男性たちはさぞそわそわしたことでしょう。

恋人の愛の誓いの日ということで、世界各地で様々なお祝いの仕方がありますね。

日本では、女性がアプローチしたい意中の男性に愛情の告白として、本命チョコを贈る習慣があります。

日本人型バレンタインデー

この習慣は、「日本人型バレンタインデー」と特徴づけられており、

最近では、「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョコ」、同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」、男性が男友達に送り合ったりする「強敵(とも)チョコ」というものもあるそうですね。

詳しくはwikipedia様へ。

日本人はこのように、ハロウィンやクリスマス、年末年始のカウントダウンなどなど、独自の「型」を作って楽しむ民族なのです。

もともとは海外で、キリスト教徒のためのお祭りだったものが、日本に渡来した外国人によって伝播されて、紆余曲折をへて今のカルチャーになりました。

誰が火をつけた?

いわゆる、最初の「バズ」のきっかけは定かではないけれども、昭和11年、神戸のモロゾフ製菓さんが、世に出したキャッチコピーがきっかけだったのでは、と言われています。

そのキャッチコピーはこちら↓

「バレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう。」

この言葉がきっかけで、バレンタインの日には、女の子は好きな(気になる)人にチョコを贈ろう!というカルチャーが浸透してきたのです。

カルチャー×マーケティング

そもそも、最初はバレンタインデーにかこつけて、チョコを売っちゃおうという戦略が、いつのまかカルチャーとなり、毎年、製菓企業をはじめとし、多くの企業や団体がキャンペーンを行うようになりました。

それこそ昔は、キャッチコピーがあって、CMがあって、というやり方でしたが近年では、SNSにより、顧客との距離がぐっと縮んだことにより、いろんなマーケティング戦略が見られます。

ツイッター上で、「#バレンタイン」と検索すると、こんな感じでずらっと

でてくるわけなんですが、一般のつぶやきに混ざって、この日に合わせてキャンペーンを打ち出している企業さんも「#バレンタイン」を入れていますね。

こうすることにより、タイムライン上に自然に流れて、ユーザーもストレスなくキャンペーンを目に入れることができます✨

素敵なキャンペーンをいち早く知ることができるのは、SNSの特権ですよね。

ツイッターで確認できた素敵なキャンペーンをいくつか

といったように、製菓会社だけではなく、いろんな人たちが「バレンタイン」というカルチャーを利用しています。

カルチャーはマーケティングの場でもあるのです。

SNSを使ってトレンドを作ることが昔よりも簡単になった今。

トレンド(話題)作りからキャンペーンまで、顧客との距離を縮める施策を考えることは非常に有効です。

口コミは最強です。

ギガトレンドは、バズる企画のお手伝いを致します。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly